MINAMIAIZU iimono 「南会津のいいもの」あつめました

南会津町について 南会津町について

のんびり、ゆったり、おだやかな時間の中で

朝露に包まれる稜線
清流のせせらぎ 原生林のうた
風渡りが見える 記憶の中にある原風景

そこに暮らす人々の静かで力強い営み
受け継がれていくものをつくり育てる智慧

自然と寄り添い
大地の恵みを享受する
ここは伝えていきたい
“いいもの”がうまれる場所

南会津町について 南会津町について

南会津町は、福島県の南西部に位置しています。
2006(平成18)年3月20日に田島町・舘岩村・伊南村・南郷村が合併して誕生しました。会津若松市まで約 45km(南会津町役場から会津若松市役所)の位置にあり、会津地方の南の玄関口となる地域です。南会津町の歴史は古く、旧石器の出土により縄文時代以前から人が住んでいたと考えられています。鎌倉時代に長沼氏の領地として田島地域に鴫山城が築かれ、江戸時代には、舘岩・伊南・南郷地域と共に幕府直轄の「御蔵入」となり、その後も会津西街道の宿場町として栄えました。南会津町は、東西43km・南北38km・総面積886.47km²で、その約92%が森林で占められています。

  • 人口:15,055人*
  • 男性:7,399人 / 女性:7,656*
  • 世帯数:6,558世帯*
  • 町の花:ヤマツツジ
  • 町の木:ブナ
  • 町の鳥:ウグイス
  • 総面積:886.47km² / 森林面積:816.67km²
  • *2020年 (令和2年) 8月1日時点
  • 人口:15,055人*
  • 男性:7,399人 / 女性:7,656*
  • 世帯数:6,558世帯*
  • 町の花:ヤマツツジ
  • 町の木:ブナ
  • 町の鳥:ウグイス
  • 総面積:886.47km² / 森林面積:816.67km²
  • *2020年 (令和2年) 8月1日時点

アクセス アクセス

  • 自動車でアクセス

    宇都宮ICから今市経由で91kmのR121号沿い。
    または西那須野ICからR400号塩原・上三依経由56kmのR121号沿い。

  • 電車でアクセス

    東武鉄道浅草駅から会津鬼怒川経由3時間15分。
    会津田島駅。

アクセスマップ